Posts by date

犬に多い皮膚病の原因

Posted by admin on 3月 27, 2017 with No Comments

愛犬の健康管理もしっかり行いたいという飼い主は多いのですが、それでもやはりどこかでは病気になってしまうのは避けられません。犬によく起る病気「皮膚病」があります。

犬の肌は体毛に覆われていてあまり見ることはありませんが、基本的にデリケートなもので、赤みが出たり、抜け毛があったり、ノミなどによってかゆみが生じたり、アレルギーの皮膚炎が起こるなど、トラブルは珍しいことではありません。

皮膚病になる主な原因は、一番は衛生状態です。あまり体を洗ってあげる機会が無かったり、自分で不潔にしている場合もあります。

また、ブラッシングなどをマメにしてあげないと、ノミやダニが住みついてしまって、それが悪さをして皮膚病を起こすこともあります。

人間が気を遣ってしてあげているシャンプーが、刺激が強すぎてトラブルを引き起こしている場合もありますから注意しましょう。

ドッグフードによっても皮膚病が生じることがあります。これは人間で言うと肌荒れに近いものからアレルギーによる皮膚病まで様々です。

添加物が問題のこともありますし、使われている原材料にアレルゲンとなるものが入っていて起こることもあります。また、糖質や脂質のバランスが悪いために肌が弱くなることもあります。

犬の皮膚病はいろんな原因で起こります。もしも上記に心あたりがあれば改善してみて、それでも治らず長引くようなら、一度動物病院を受診してみて、その原因を考えてみましょう。

参考:ドッグフードの危険な原材料・添加物は?愛犬に与えたい正しいフードの選び方