疲労解消に!健康の源、善玉菌を増やし腸内環境を改善しよう!

Posted by admin on 6月 10, 2016

健康の源である善玉菌。善玉菌は健康な身体を保つために大切な役割をしています。腸内には善玉菌に対して身体に悪影響を与えると言われる悪玉菌も存在しています。

善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうと健康に様々な影響を与えてしまいます。それは悪玉菌が善玉菌よりも増加してしまうという状態であり、それを防ぐためには悪玉菌よりも常に善玉菌は優勢でいなくてはいけません。

善玉菌が優勢であるためには善玉菌を増やすということを心掛けることが大切です。善玉菌を増やすには善玉菌の栄養源である食品を摂取することです。
善玉菌の栄養源である食品とは、おおまかに分けると食物繊維とオリゴ糖です。食物繊維には、イモ類や穀物、豆類、キノコ類や海藻類などがあります。野菜で言うとゴボウやニンジンにも多く含まれています。

オリゴ糖には、タマネギやアスパラガス、大豆などの豆類、トウモロコシやバナナなどがあります。甘いハチミツなどにもオリゴ糖は含まれているのでおやつ感覚で摂取することができます。

ヨーグルトやチーズなどといった乳製品や漬けものやキムチなどの発酵食品にも善玉菌は多く含まれています。食品以外にも善玉菌を多く含むサプリメントやドリンクがあります。ドリンクは乳酸菌飲料なのでこちらもおやつ感覚で摂取することができます。サプリメントも補給しやすいので腸内に継続的に補給することができます。

そこで補給する際の注意点ですが乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いため空腹時に補給することは避けることが大切です。食後は胃酸が薄まるので食後に摂取することが善玉菌を増やす上で大切な摂取方法になります。サプリメントなども合う合わないがあるので摂取して身体の状態を確認することが大切です。便の状態が普段と違う状態であれば腸内が弱まっている可能性があるので自分の腸に合う善玉菌を見つけることも善玉菌を増やす上そして継続する上で大切なことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です